しまなみ海道ツーリング by たーぼう 2006.05.21

ツーリング・ポタ日記 2006 目次

いつものように前日、子供を風呂に入れてから支度を済ませ、
22時過ぎに車で、しまなみ海道へ向けて出発した。
仕事の疲れは少しあるが、躊躇していると行けないので『えい、やー』で家を出てしまう。
途中眠くなるが、パーキングで少し眠る事で、又運転をし、
AM3時過ぎに向島のマリンユースセンターまでやってきた。
4年前家族旅行の時にキャンプした懐かしい場所である。
ごんすけさんのしまなみ往復ライド時も、ここをデポ地にされているので、
安心して駐車させてもらった。

着替えを済ませて出発したのはAM3時20分だ。
暗闇の中を前方2灯後方点滅2灯のF.D.BIKEで走りだしたが、
街灯などなく、橋への登り口がわからず、
しばらく周辺をうろうろする始末。
花火で遊ぶ若者たちや釣りの人達、アベック等、
橋の下には、この時間帯には信じられない程の人が居た。
うろうろ上がり口をさがす ちかちかした自転車の人は、
どんな印象を与えたのか、聞いてみたいものだ。
少し時間をロスしたので、気合を入れて坂を上がった。
橋の上は明るいだろうと想像していたが暗かった。
因島大橋中央付近にて 3:50
pota060521tabosimanami001.jpg

暗闇の中走り続け、因島でも案内標識を見落とし、遠回りをしてしまった。
方角も今どこにいるのかも、全くわからない。『えらい事になったべー』と反省しつつ、
GPSがあればええなあーと、こんな時、特に思うのであった。
しばらく走り続けて大きな通りに出たが、何処にいて何処へ向かうのかがわからない。
真っ暗闇の中を突き進んで行くと、ようやく案内板を発見。ほっとする。
見覚えのある所を見つけてよかったーと思う。迷子は辛いものだ。

生口橋を渡る。写真がうまく写らない。仕方ない。まだ暗い。
生口島を少し安堵の気持ちで軽く流して走るうちに、すこし明るくなってきた。
ジェラート屋手前の綺麗な公衆トイレで顔を洗って気を引きしめた。

そして瀬戸田の町までやってきた。
BDチームの食事処があったので写真を写す。 5:02
pota060521tabosimanami002.jpg

続いて、ぱき家の写真にあった看板を発見し、嬉しくなった。
オリエンテーリングみたいだ。 5:04
pota060521tabosimanami003.jpg

るんるんと軽やかに走って、多々羅大橋へ上がってきた。 良い橋だ。
誰もいない早朝に鳴き龍が響きわたる。 5:28
pota060521tabosimanami004.jpg

誰もいない早朝の多々羅しまなみ公園で朝食をとる。
荷物が軽くなるので、これも少しうれしい。
自販機で暖かいコーヒーを調達。
デポ地を出発してからようやく一息つく。
迷子の事は忘れておく。良い朝だ。
家=妻に無事着いて走っている旨のメールを送る。 5:49
pota060521tabosimanami005.jpg

大三島を走っていて、はじめてジャイアントのロードに
乗ったサイクリストとすれちがった。
大三島橋の下を見ると灯台が見える。
良い感じの休憩ポイントだ。 6:27
pota060521tabosimanami006.jpg

GW時ニアミスしたぱき家に、
ローソンと神社の距離感を説明する為、撮影をした。
マリンオアシス伯方にも人は居ない。 6:41
pota060521tabosimanami007.jpg

伯方・大島大橋を右に折れて、見近島を見学に行く 6:52
pota060521tabosimanami008.jpg

下っていって、くもの巣をはらいのけつつ、キャンプ場を見学。
クロケンさんのテントを張った場所が、剪定された木の奥やなー
と納得し奥に進むとトンネルをくぐる。
奥にもトイレがある。
大勢でキャンプするには、いい場所かもしれない。 6:57
pota060521tabosimanami009.jpg

大島に入って振り向くと、美しい伯方・大島大橋が見える。 7:08
pota060521tabosimanami010.jpg

大島の北部の海。潮の流れは激流の川のようだ。
ここで溺れたら流される、なんてもんじゃないなあーと思う。
ごんすけさんもこの潮の流れにふれてコメントしていたなあーなんて思いながら右折。
少し坂を上がっていく。少し負荷をかけてトレーニングライド。
下りではカプレオ9T×53Tをぶんぶん回してMax66.6km/hを記録。
ヘリオスでの最高速をマーク。
アルゴン18カーボンロードの52-11Tの下りでもなかなか60km/hは出ないが
コードレスメータの誤作動かな?と思う。

バラ公園へ行って少し休憩。
イベント準備で賑わっていた。警備員さんも打ち合わせをしていた。 7:40
pota060521tabosimanami011.jpg

来島海峡大橋までやってきた。
今回の往復ライドもこの橋を渡って引き返すのだが、1番のスケール! 7:57
pota060521tabosimanami012.jpg

坂を上がっていくと、大勢の観光客と自転車の人達。
またまたトレーニングライドで橋へと上がり、渡っていく。
はやいスピードで次々と抜いていった
観光客の方たち数名から喝采?を受けた気がして
嬉しくなって走り続けた。

しかし、どでかい橋だ、なかなか料金所が現れない。
ほんとに長い橋だ。 8:07
pota060521tabosimanami013.jpg

料金箱に\200を投入し、180度旋回。両端階段の中央スロープ部を下る。
クランク90度曲ってエレベーターホールだ。
上がってくるのに時間がかかったし、おりるのにも随分時間がかかった。
エレベーターのカゴ内はかなり大きいし、シャフト内行程(エレベーターの
上下移動距離)が長いので一度の運行に、かなりお金がかかる。多分赤字だろう。
シースルーエレベーターだったので景色が見れてよかった。

馬島に初めて下りてきた。かなり疲れている。
紫外線たっぷりの直射日光をさけて、橋下の日影で休憩だ。
家とごんすけ氏にメールを送る。
いい天気の中の最高の景色。いい時間だった。  8:21
pota060521tabosimanami014.jpg

橋への復帰は車用の激坂を登っていった。
もちろん禁止だが係員もいないので、まあいいやーと思って登っていった。
pota060521tabosimanami015.jpg

折り返し地点のサンライズ糸山。
施設内のカーテンウォールから橋が綺麗に見える、すばらしい。
施設駐車場は台数が少ない。ぱき家の話題に、なるほど、と思う。 8:55
pota060521tabosimanami016.jpg

さあ復路だ~!と円形スロープを走っていくと
大勢の若い女性韓国人観光客がレンタサイクルで
団子になって進んでいる。韓国語が理解できないし、
日本語で『すんませーん』と言う気にならないので
動向を観察。 しばらくして道を譲ってくれた。
調子よく走り抜けた。気持ちよかった。 9:01
pota060521tabosimanami017.jpg

往路の橋上ですれちがった若者たちに追いついた。かなり疲れている自分。
彼らにとっては、多分これから走るぞーって感じだろう。
大島の坂で数名が遅れだした。わたしも一緒に脱落していく。
先頭集団には付いていけなかった。
伯方・大島大橋料金所までのレースで第3集団でゴール。
橋上でインターバルトレーニングもがきをし、後続を断つ。  9:34
pota060521tabosimanami018.jpg

マリンオアシス伯方で塩ソフトを食す。
暑い=熱いので美味しい 10:05
pota060521tabosimanami019.jpg

大三島大橋へのアプローチでは沢山のサイクリストとすれ違う。
普通の人は、普通に自転車を楽しむ時間帯なのだ。  10:18
pota060521tabosimanami020.jpg

多々羅しまなみ公園へ戻ってきた。
日差しがキツイ。日影の休憩場所で補給。
あちこち体がぼろぼろになってきた。暑いのは苦手だ。
ここで昼寝でもしようかと思ったが、
遅くなると渋滞地獄があるので、頑張って帰るベーと思い直す。 10:54
pota060521tabosimanami021.jpg

軽る~く負荷をかけず橋を渡って坂を下って行くと
おおっ!おっ!ごんすけさん夫婦が写真撮影中でした。お邪魔しました。
白色のBD-1とタルタルーガ スポルト美しいバイクでした。
キャンプ道具を搭載されていました。
見近島でキャンプをすると聞きました。すごいです。 11:15
pota060521tabosimanami022.jpg

奥さん、はじめまして!
『ご主人さんには琵琶湖おでんライドの時、
大変お世話になりました』と言うのを忘れてしまいました。
練習ライドを数ステージし、疲れていました。すみません。 11:15
pota060521tabosimanami023.jpg

ごんすけさん夫婦との出会いに、そうかー
ええ天気のベストシーズンは、ちゃんと抜かりおまへんなあー
なんて考えながら進んでいると、
ロード練習の3人(2人の若者ライダー+女性レーサー)が
大きな相対速度をもって一瞬にして抜き去りました。
あまりの速さに追いかけてしまいました。長くは続きませんでしたが
この最後のもがきライドは激疲れをもたらしました。
生口島橋を渡り、橋の上から捜しますが3人のロード衆は捜せませんでした。 11:54
pota060521tabosimanami024.jpg

激疲れ度がプラスされ、めげめげ状態です。暑いし、心拍を整える為、少し休憩です。
今日は、もがき練習しまくりで、体はもう、ぼろぼろやなあ・・。
なんて思いながらも、ほないこかー、と気合をいれます。 12:00
pota060521tabosimanami025.jpg

因島は往路暗闇で迷子ライドした島です。
復路は疲れた体に鞭をうつような道です。
サイクルロードは両橋(因島大橋と生口橋)のアプローチ部分だけって感じです。
ぱき家に『この島は、あまり楽しめない』 と伝える必要があると感じます。
自分が迷子になった事+疲れてかなりへこんだライドをした島
というだけではありません。多分。
まあ、どうにか最後の坂をクリアーし、戻ってきました。
かなりペースは落ちています。あー疲れました。 12:43
pota060521tabosimanami026.jpg

向島のマリンユースセンターのトイレに乗り込みます。
ぼろぼろな姿を鏡で見て苦笑い。写真に収めておきます。 13:01
pota060521tabosimanami027.jpg

すばらしいしまなみ海道をめりはり付けて、はじめて往復ライドしました。
140kmでした。3時20分から13時までの9時間40分の旅でした。
FDBを積込み、帰り支度をすませ、着替え、大阪へむけて出発です。
大和のロケセットはどんな按配かなと色気を出してうろうろ。結局わからず、また車で迷子。
うーんGPSほしい。

そして大馬鹿な事に、高速代勿体無い病で、バイパス走行するも長く続かず撃沈。
そら無料のあんな良い道が長く続くはずありませんよね・・。反省。
眠い中、福山の市街地を走り、山陽道-中国道-阪神高速道とつないで帰ってきましたが
山陽道パーキングで一度仮眠をとりました。
山陽道移動中、Yoshiさんにメールを送り、レスも頂きました。
宝塚で事故渋滞があった為、少し遅くなりましたが
18時半、無事しまなみサイクリングから帰ってきました。

ツーリング・ポタ日記 2006 目次
| その他いろいろ | page top↑
| ホーム |

 blog管理画面