餘部鉄橋(鳥取~城崎) by tep  2006.05.01

ツーリング・ポタ日記 2006 目次

明石発8時12分 鳥取駅着10時11分。スーパーはくと。 写真は鳥取駅です。
明石では黄金週間の最中とはいえ月曜なので通勤の人たちはけっこういました。
私の乗った車両の乗車率は50%以下です。
デッキが広く乗降も多くないので、自転車はデッキに。
きれいな列車でしたが、私は1時間ほどで背中が痛くなりました。
pota060501tepamarube001.jpg

鳥取駅周辺の案内板。
行き先を聞きまくりの私は道路に立っている警察官に2回も道を尋ねました。
二人ともとても感じのいい人でした。
駅周辺では 『自転車は歩道を』 という看板があちこちにあります。
pota060501tepamarube002.jpg

鳥取砂丘です。
この写真では芝生の枯れたゴルフ場みたい (^^;
自転車を押して歩くつもりだったんですが、まったく無謀でした。
車輪がズルズルすべってうまく押せません。
ここは、サイクリングのついでに寄るところじゃないですね。
人のいないときに、一人で頭を空っぽにして歩くのがいいかと・・・。
macbearさんの場合は、みこちゃんとふたりで (^^
pota060501tepamarube003.jpg

砂の彫刻です。 猛烈にボリュームがあります。
鳥取砂丘展望台とかいうところにありました。
ここからはリフトで先の方に行けるので、リフトの到着点では
観光客がたくさんゴミのように見えています。
pota060501tepamarube004.jpg

思わず自転車を止めてしまう景色がいっぱいです。
しかし、それでは先に進まないので横目で見ながら走り続けました。
pota060501tepamarube005.jpg

餘部鉄橋を渡る列車です。
掲示板で紹介したのと同じ列車ですが、そのちょっと前に撮影したものです。
デジタルカメラでこの位置から何枚も撮れるのですから、
それだけゆっくり走っているということでしょうね。
列車が駅に着く前には大音量でその旨の放送があります。
pota060501tepamarube006.jpg

鉄橋の下です。
小さい写真なので、わかりませんが、かなりすごいです。
pota060501tepamarube007.jpg

これまた小さくて、さっぱりわかりませんが、正面に急傾斜の細い道があり、
この道を上っていくと餘部駅です。
getzさんの 『自転車では登れない』 に納得。
道に沿って、『さようなら餘部鉄橋』 の幟が立っています。
ビデオカメラやカメラをもった人たちが行き来してました。
餘部到着も予定よりだいぶ遅れ、かなり頑張ってきたので疲れ切っていました。
というわけで、駅まで登っていく気力も体力もありませんでした (^^;
pota060501tepamarube008.jpg

掛け替え間近の餘部鉄橋をみようという人たちが大勢いました。
オートバイの人が多かったです。
pota060501tepamarube009.jpg

突然、城崎駅です。
入ってくる列車 (見えるでしょうか?) が17時18分城崎温泉発の はまかぜ です。
さいわいすいていましたが、古い車両でデッキまわりも狭苦しくて
自転車の置き場に困りました。
疲労困憊で明石に着く19時30分まで本を読むつもりが数ページ読んであきらめました。
疲れすぎて居眠りもできません。
pota060501tepamarube010.jpg

ふだんの生活圏ではお目にかかれない除雪車です。
シーズンオフに入る前の整備が終わった後なのか、
塗装もきれいになっているみたいです。
pota060501tepamarube011.jpg

いや~、疲れました。
鳥取駅で自転車を組み、走り出してから、城崎温泉駅まで5時間40分。
走っていた時間は5時間程度だと思います。
止まったのは道を聞くときと信号、鳥取砂丘、砂丘展望台、酒屋(パンを買って食べた)、
餘部鉄橋だけです。
というわけで、平均時速正味でたったの16kmくらい。
餘部からしばらくは、平均時速10kmでだいじょうぶという間違った思いこみで
ゆっくり走ってましたが、間違いに気づいてからは、ほんとうに必死で走りました。
間違いに気づかせてくれたのは、香住の海上保安署のお兄さんです。
道を確認するために訪れたのですが、私はずっと先まで進んでいると思いこんでいたので、
お兄さんと話がかみ合わず、猜疑心にあふれるまなざしでお兄さんの話を聞いてました。
ごめんなさいお兄さん m(_ _)m  
しかし、親切な人ばかりでした。砂丘の駐車場で休憩中の営業マン風の人、
農作業中のお父さん、酒屋のご夫婦、お巡りさん。皆さん、ありがとうございました。
でも、城崎はずーーーっとまだまだ先だとわかったときのショック!
実は、時間が余りすぎるので、しかたがないから玄武洞にでも寄るか、
などと考えていたのです。 が、それどころじゃない。城崎温泉でも危ない。
はまかぜ に間に合わないと疲れた体で2回も乗り換えたり列車待ちをしなければ・・・ (_ _;
桃観峠を必死に走り、かなり脚にきてしまっていたので、ちょっとした坂でも、すぐにロー。
鋳物師戻峠 (だと思う) はよく登れたものだ。
途中で、1時間勘違いしていて、まだ余裕があることに気がついたが、
はまかぜ に乗り遅れるとまずいという恐怖感からどうしても頭の時計が1時間狂ってしまう。
そんなわけで、城崎温泉に到着したときは、ふらふら。
『毎度おおきに!』 の皆さんなら、当然温泉でしょうが、
私はパン1個、駅弁ひとつ、500mlレモンティー2本で4時から5時18分まで過ごしました (^^;

反省:走行平均時速16kmは私には無理。
    自転車をもっていると寄りにくいところがある

ツーリング・ポタ日記 2006 目次
| その他いろいろ | page top↑
| ホーム |

 blog管理画面